日々の暮らし

真夜中の怒り、 切なさ、そして希望 7

あれだけ住人にはコンタクトしないと約束したムゥだが、あまりの音量に耐えられなく結局話しかけることになった。大柄で、酔っぱらっているこの男性はこのパーティーは誰にも止められないという態度であった。きっとカウンシルの苦情センターの人たちが注意した後、更にボリュームを上げて打ち上げ花火まで上げる非常識さ・・・。この男性の反応はいかに・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です