日々の暮らし

真夜中の怒り、 切なさ、そして希望 4

苦情センターに連絡して、ベッドルームまでもチェックしてもらって騒音を確認してもらったにもかかわらず、結果はさらに悪くなっている。そして、電話でのあの感じの悪さ。ムゥ火山はついに噴火しました。怒るのも当たり前です。私もこの非常識な住人の行動に相当腹が立っていました。

ベッドに入って打ち上げ花火の音を聞いた時は、怒りを通り越して笑いが出ていました。この状態をビデオに残して、あとで市の係の人に苦情を言おうと思い、別の部屋で充電している携帯電話を取りに廊下に出た時、ムゥが普段着に着替えて、外に出ようとしているところでした。ムゥもビデオを撮ると言っていたので、絶対に問題の住人とは接触しないことを約束して、ムゥは外に出てました。

このお話、もう少し続きます。初めから読む場合はこちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です