キャバリア
ペット

センちゃん5

見た事もない、新しいものが音を立てて自分の体へ温風を送ってくる。何も知らなければ、確かに怖いことだと思う。センちゃんの叫び声は結構すごかった。汗 でも鏡に映る自分の姿に気がついた時の顔の表情は今でもはっきり覚えています。疑問から、確信そしてある感情の芽生え。

次回でこのお話は終わりです。キャバリアの子犬、センちゃんにメロメロの二人。この出来事で心配がいっきに減ったので、エコにも眠れる日々が戻ってきました。笑

このお話を初めから読む場合はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です