火山爆発
日々の暮らし

火山爆発1

私たちは、今の家に引っ越した時、家具を買うなら一生使う物をと、時間をかけて選んだ。ミッドセンチュリーと呼ばれる50年代後半、60、70年代前半の家具はとても丁寧に作られていて、デザインも素敵だ。また質の良い木から放たれる温かみで、部屋の雰囲気も優しくなる。好みのデザインをリサーチして、狙いを定め、アンティークマーケットやオンラインで状態の良い家具を見つけて、ウエストカントリーからミッドランドあたりを運転して家具を買い揃えてきた。どの家具も、私たちより歳を重ねているが、大切に扱われていたのが良くわかるほど状態がいい。ダイニングテーブルセット、コーヒーテーブル、リビングルームの椅子、ロッキングチェアー、小さな机、サイドボード、全て買ったときの思い出もつまっているので尚更大切にしたい家具たちである。

今回のお話に出てくるダイニングテーブルセットも前の持ち主は、家族の大事なイベントの時だけこのセットを使っていて、とても大切にしていたらしい。子供たちが家を出る事になったので、部屋数の少ない家に引っ越す事にした夫婦は、置く場所がないため仕方なくこのセットを売る事にしたのであった。この家具を引き継いだ私たち、月に数回テーブルと椅子を磨いている(主にお掃除担当のムゥが磨いている。笑)。このセットは私達がこの世を去るまで私達の食卓に温かみを与えてくれるだろう。

お話は続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です